スープのこだわりと相性

ラーメンのスープはその店のタレとの相性あり

ラーメンはいまや日本食です。
もともと中国に似たような湯麵から進化した日本を代表する食べ物です。
その種類は、醤油や豚骨、みそ、魚介類の粉ベース、鳥塩など様々なスープの味があります。
店によってその味わいも独特ですが、このスープを引き立てさせるのが、店独自で材料を吟味して作ったタレです。
このタレを工夫して、簡単な醤油、豚骨、しおといった味の分類をするのでなく、ラーメンの個性を出します。
このように店により味のバリエーションが違うのもこのタレによります。
ラーメンを食する前に、その店の個性たるタレの味を確かめる方法があります。
このようなお店では、大抵ご飯ものをだしています。
例でいえばチャーハンですが、そのチャーハンに必ずといっていいほどお店では、その味に自信があるため店のタレを使用していますので、チャーハンを先に注文してから食して、ラーメンを頼めば、スープとタレの相性やその良さが認識できますので一度ためしてみるといいです。

ラーメンの出汁別にスープを分類する

グルメ雑誌やウェブサイト、テレビ番組などを見ると、毎日のようにご当地ラーメンや中華の人気店、また、イタリアンなどの店舗の限定メニューなど、いろいろなタイプのラーメンが紹介されています。
実際に来店する前に味を予想する目安として、大きく分類する場合に、味噌や醤油などの味付けや麺のタイプ以外に、スープの出汁による分類があります。
例えば、昔から日本で中華そばともいわれている、澄んだ醤油ラーメンに使われるようなベーシックなものは、鶏がらの出汁にニボシなどが加わっています。
そのほかには、九州発祥で人気の豚骨や、鶏がらと豚骨のダブルスープ、魚介出汁のみのものなどもあり、それぞれ素材の持つうまみ成分を引き出すために配合が考えられています。
さらに、これらの煮出し方の方法に工夫を加えることよって、こくやとろみを出した鶏白湯のような発展系のスープも注目されています。
こうしたことを踏まえて、好みの味のタイプを知ることで、より自分に合った店を見つけることができます。

おすすめWEBサイト

太陽光発電の見積もり

2017/11/30 更新